机

10年先を考える注文住宅のすすめ

かわいい寝室

建売住宅は、キッチンがあってリビングがあって寝室があって子供部屋があって…将来必要な部屋が全て揃っているものがだいたいかと思います。しかし、子供がその子供部屋を実際に使うようになるのは?一体何年先のことでしょうか…少なくとも10年以上は先ではないかと思います。それまでの間、その部屋は何に使われるのでしょう。その間、その部屋だけ新築の頃のまま残っているなんてことはないと思います。子供が子供部屋を使う歳になる頃には、その部屋も古くなっているはずです。 特に建売住宅でよくあるツーバイフォーで出来た家は、後から増築や修理が困難です。その点、注文住宅では自分の好きなように家を建ててもらえます。自分たちで考えていく分、もちろん色々と手間や時間はかかるかと思いますが、「今」必要なものを建ててもらい、後々必要になった時に必要になった部屋を建ててもらうことが出来るのです。将来の子供のことを考えたら、何年も前から造っておくよりも、子供が必要とした時に子供のために造ってあげた方が思いやりがあるのではないかと思います。 家は一度建てた建物に一生住むことは出来ません。家は30年もすれば壊れてしまいます。流行りも変わります。災害があれば、建築基準なども変わっていくでしょう。その時代、未来の自分たちに合った家を建てるという意味でも、注文住宅は魅力的だと思います。

TOP