机

注文住宅の木造軸組構法に関して

部屋

注文住宅の木造軸組構法とは、別名で在来構法とも言われています。
木造軸組構法は日本国内により、古くから行われている、基本的な住居の建築方法です。注文住宅を建てる際でも、積極的に採用されて、工事されている場合がとても多いです。木造軸組構法では、主に梁・柱・土台によって、家屋の骨組みへと、筋交いや耐力壁を均衡に組み込んで行きます。
そうする事で台風や地震の自然災害にも、上手く耐えられる頑丈な建造物を、生み出す事が出来ます。注文住宅へと使用される部材は、予め加工されている資材を、しっかりと組んで行き、がっちりと繋ぎ合わせて行きます。木材の加工は、昔だと職人さんの技術によって、きちんと作製されていました。
近年にはプレカット加工と呼ばれる、工場内で特殊な機械を、上手に活用しながら、製作される方式が取り入れられております。プレカット加工が誕生した事により、スピーディーでより的確な工程が、完璧に実現出来るようになりました。プレカット加工が生まれた事で、注文住宅の費用が大幅に抑えられる為、段々と常識になりつつあります。接合エリアへと利用される仕口や継ぎ手では、金物を元々使わないやり方でありました。
しかし木造軸組構法のケースですと、金物が普通に採用されています。

TOP